わさびのき (山葵の木)

Moringa oleifera

Moringa oleifera

Moringa oleifera

Moringa oleifera

インドの北部とパキスタンに分布しています。乾燥した地域に生え、高さは3〜10メートルほどになります。樹冠はまばらで、葉は2〜3回羽状複葉です。春、葉のでる前に円錐花序をだし、芳香のある白い花を咲かせます。インドや東南アジアでは、辛みのある葉や花そして軟らかい果実が食用にされます。 
ワサビノキ科ワサビノキ属の落葉低木で、学名は Moringa oleifera。英名は Horse-radish tree。 
Horse-radish tree (Moringa oleifera) belongs to the Moringaceae family. It is a small deciduous tree that is distributed in northern India and Pakistan. This tree grows in dry areas and is about 3-10 m high. The crown is sparse, and the leaves are biternate to triternate compound. In spring, the panicles appear before leaves come out, and bloom aromatic white flowers. The spicy leaves, flowers and soft fruits are eaten in India and Southeast Asia. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2004年12月11日撮影。
[中2・下] アメリカ・フロリダ州「サウスフロリダ大学」にて、2011年05月17日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp