ユーカリ (有加利)

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

Eucalyptus globulus

オーストラリアの東南部、ニューサウスウェールズ州からビクトリア州、それにタスマニア州に分布しています。疎林に生え、高さは25〜70メートルになります。樹皮は灰褐色で、しばしば剥離します。葉は狭披針形で、鎌のように曲がります。冬から初夏にかけて、葉腋にふつう1個の白い花を咲かせます。花弁と萼片は合着して帽子状となり、開花とともに脱落します。白く目立つのは雄しべです。わが国でふつうに「ユーカリ」といえば本種のことです。 
フトモモ科ユーカリ属の常緑高木で、学名は Eucalyptus globulus。英名は Tasmanian blue gum。 
The Tasmanian blue gum (Eucalyptus globulus) belongs to Myrtaceae (the Myrtle family). It is a tall evergreen tree that is native to southeastern Australia; New South Wales to Victoria and Tasmania. This tree grows in open wood and can reach 25-70 m in height. The barks are grayish brown and often peel. The leaves are narrow laneceolate and curve like a sickle. The solitary white flower come in axils from winter to early summer. The petals and sepals are connate and form a calotte that drops off at the same time of bloom. The stamens are white and visible. 
[上] アメリカ・カリフォルニア州サンディエゴ市「バルボア公園」にて、2007年03月23日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中1〜2・中4] 大阪府四条畷市「四条畷中学校」にて、2005年12月31日撮影。
[中3] アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市「ゴールデンゲートパーク」にて、2007年03月16日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中5〜中7] 福島県いわき市「いわき市フラワーセンター」にて、2010年01月23日撮影。
[中8・下] アメリカ・ネバダ州「スプリングスプリザーブ」にて、2012年01月08日撮影。(photo by Jon Suehiro) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp