やまならし (山鳴らし)

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

Populus sieboldii

わが国の固有種で、各地に分布しています。「どろのき」に似ていますが、主に乾燥したところに生え、高さは20メートルほどになります。葉は広楕円形で裏面は灰白色をしています。葉柄が長く、風が吹くと大きく揺れて葉鳴りします。3月ごろ、5〜10センチほどの花序を下垂させ、花を咲かせます。雌雄異株です。別名で「はこやなぎ(箱柳)」とも呼ばれますが、この材で箱が作られたことによります。 
ヤナギ科ヤマナラシ属の落葉高木で、学名は Populus sieboldii。英名はありません。 
"Yama-narashi" (Populus sieboldii) belongs to the Salicaceae (the Willow family). It is a tall deciduous tree that is an endemic species and distributed throughout Japan. This tree resembles to the Japanese poplar (Populus suaveolens), and grows mainly in arid places and up to a height of about 20 m. The leaves are broad elliptic and grayish white beneath. They have long petioles, sway greatly and rustle when the wind blows. The clusters, around 5-10 cm are descending and flowers will bloom around March. It is dioecious. It is also called "Hakoyagi" in another name, but it depends on the box being made of this material. 
[上・中1] 名古屋市千種区「東山植物園」にて、2004年11月21日撮影。
[中2〜中7] 鳥取県大山町「むきばんだ史跡公園」にて、2017年06月13日撮影。
[中8〜中12] 山形県小国町小玉川にて、2017年06月28日撮影。
[中16〜17・下] 同上にて、2019年04月16日撮影。
[中13〜中15] 青森市三内「三内丸山遺跡」にて、2018年07月15日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp