やまやぐるまぎく (山矢車菊)

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

Centaurea montana

ヨーロッパ中部、アルプスやピレネー山脈が原産です。日当たりのよい場所あるいは半日陰に生え、高さは30〜60センチほどになります。葉は灰緑色の剣状で、茎の下部にまとまってつきます。5月から6月ごろ、青紫色の花を咲かせます。総苞には黒い縁取りがあります。 
キク科ヤグルマギク属の多年草で、学名は Centaurea montana。英名は Mountain bluet、Perennial cornflower。 
The mountain bluet (Centaurea montana) belongs to Asteraceae (the Aster family). It is a perennial herb that is native to central Europe, the Alps and the Pyrenees. This herb grows in sunny or semi-shaded places and can reach 30-60 cm in height. The leaves are lance-shaped and crowded at the lower stem. The bluish-purple flowers with black-edged involucre bracts come in May to June. 
[上・中1] スイス・ベルン州・インターラーケン「シーニゲプラッテ高山植物園」にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2・中3] 同上にて、2007年06月27日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中10] 同上にて、2009年06月30日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中11・中12] 同上にて、2009年06月30日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中4] イギリス・スコットランド・ネアン州「コーダー城」にて、2007年06月17日撮影。(photo by Aya Suehiro)
[中5] 愛知県名古屋市港区潮見町「ブルーボネット」にて、2002年05月03日撮影。
[中6] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月15日撮影。(photo by Jouette Travis)
[中7・中8] スイス・ベルン州グリンデルワルトにて、2008年06月15日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中9] スイス・ベルン州グリンデルワルト「バッハアルプゼー」にて、2009年06月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[下] イギリス・ランカシャー州プレストンにて、2020年05月27日撮影。(photo by Yumi Gunji) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp