うわみずざくら (上溝桜)

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

Prunus grayana

わが国の北海道南部から本州、四国・九州それに中国の中部に分布しています。日当たりのよい谷間、沢沿いの斜面などに生え、高さは15〜20メートルになります。葉は卵形から卵状長楕円形で互生し、縁には細かくて鋭い鋸歯があります。4月から5月ごろ、ブラシのような総状花序をだし、小さな白い花をいっぱい咲かせます。果実は核果で、8月ごろ赤色から黒紫色に熟し、食用となります。つぼみや若い果実を塩漬けにする地方もあります。名前は、むかし宮中での亀甲占いのとき、この材の上面に溝を彫って使ったことから「うわみぞざくら(上溝桜)」と呼ばれ、それが転訛したものといわれています。
バラ科サクラ属の落葉高木で、学名は Prunus grayana。
英名は Japanese bird cherry。
Japanese bird cherry belongs to the Rosaceae (the Rose family). It is a tall deciduous tree that is distributed southward from southern Hokkaido to Honshu, Shikoku, Kyushu of Japan and central China. This tree grows in sunny dales or slopes along streams and can reach 15-20 m in height. The leaves are ovate to ovate-oblong and alternate with fine acute toothed edges. The brush-like racemes are borne and bloom small white flowers from April to May. The fruits are edible drupes and ripen red to blackish purple in August. The buds and young fruits are pickles with salt in several regions of Japan.
[上・中1] 長野県伊那市「かんてんぱぱガーデン」にて、
2007年05月08日撮影。
中2〜中4] 岐阜県高山市清見町夏厩「小鳥峠」にて、
2006年06月01日撮影。
[中5] 大阪府四条畷市逢阪「むろいけ園地」にて、
2002年07月01日撮影。
[中6・中7] 同上にて、2006年04月16日撮影。
[中8〜中10] 群馬県渋川市伊香保にて、2010年05月16日撮影。
[中11] 宮城県松島町「雄島」にて、2010年08月08日撮影。
[中12〜中14] 群馬県みなかみ町永井にて、
2010年09月05日撮影。
[中15〜中16] 千葉県香取市高萩にて、2012年04月30日撮影。
[中17〜中20] 千葉県香取市大角にて、2012年04月30日撮影。
[中21] 同上にて、2012年06月08日撮影。
[下] 同上にて、2012年07月19日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp