パッシフローラ・コンスタンスエリオット

Passiflora caerulea cv. Constance Elliott

Passiflora caerulea cv. Constance Elliott

Passiflora caerulea cv. Constance Elliott

Passiflora caerulea cv. Constance Elliott

ブラジルからペルーにかけて分布する「とけいそう(時計草)」の白花の園芸品種です。夏から秋にかけて、直径7〜10センチほどの真っ白な花を咲かせます。花には芳香があり、長い副花冠も白色または白色と淡青色です。果実は大きく黄橙色に熟しますが、美味しくはないそうです。 
トケイソウ科トケイソウ属の常緑小低木で、学名は Passiflora caerulea cv. Constance Elliott。英名は White passion flower。 
White passion flower (Passiflora caerulea cv. Constance Elliott) belongs to the Passifloraceae (the Passion flower family). It is an evergreen shrub that is a garden cultivar of white flowers of "Passion flower" distributed from Brazil to Peru. This shrub bloom pure white flowers about 7-10 cm in diameter from summer to fall. Flowers are perfumed, long coronas are also white or white and pale blue. The fruits ripen big yellow or orange, but they do not taste good. 
[上・中1] 京都府精華町「京都フラワーセンター」にて、2005年06月10日撮影。
[中2・下] 福岡市中央区「福岡市植物園」にて、2017年10月06日撮影。 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp