きょうちくとう (夾竹桃)

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

Nerium indicum

インドから地中海沿岸にかけてが原産です。わが国へは江戸時代に渡来しました。高さは4〜5メートルほどになり、厚い皮質の葉を3個ずつ輪生させます。夏の間じゅう、枝の先に集散花序をだして、紅色の花を咲かせ続けます。花色にはピンク色や白色もあります。葉や樹皮には強心成分が含まれるため、食べると嘔吐や目眩、下痢などを起こします。 
キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木で、学名は Nerium indicum。英名は Oleander、Rose laurel。 
The Oleander (Nerium indicum) belongs to the Apocynaceae (the Dogbane family). It is a small evergreen tree that is native from India to the coastal area of the Mediterranean Sea. This tree was introduced into Japan in Edo Era. Oleander can reach 4-5 m in height, and borns thick leathery leaves in 3-whorls. Ponceau or pink, white flowers on the terminal cymes come through summertime. The leaves and the barks contain cardiac glycosides, therefor they cause vomiting or dizziness, diarrhea by eating. 
[上・中1〜2] 大阪府交野市「大阪市大付属植物園」にて、2004年07月17日撮影。
[中3] 同上にて、2005年07月27日撮影。
[中4] オーストラリア・シドニー市チェリーブルックにて、2005年11月02日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中5] 同上にて、2005年12月06日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中6] オーストラリア・シドニー市「シドニー王立植物園」にて、2007年03月11日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中7] アメリカ・テキサス州「ダラス植物園」にて、2007年06月10日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中8] スペイン・バレンシア県プソルにて、2011年05月08日撮影。(photo by Yumi Gunji)
[中9] アメリカ・フロリダ州マイアミ市にて、2010年05月04日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中10〜12・下] ポルトガル・レイリア県アウヴェヤズルにて、2018年06月27日撮影。(photo by Yumi Gunji)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp