マミラリア・ゲミニスピナ (白神丸)

Mammillaria geminispina

Mammillaria geminispina

Mammillaria geminispina

Mammillaria geminispina

Mammillaria geminispina

メキシコ中部のイダルゴ州が原産です。直径10センチほどの球形で、成熟すると60〜90センチのマウンドを形成します。イボの先から白く長い棘が生え、小さな淡いピンクの花を咲かせます。 
サボテン科マミラリア属の疣サボテンで、学名は Mammillaria geminispina。英名はありません。 
Mammillaria geminispina belongs to the Cactaceae (the Cactus family). It is a mammillaria (wart cactus) that is a native of Hidalgo State in central Mexico. It is a spherical shape about 10 cm in diameter, and when mature it forms a mound of 60 to 90 cm. This cactus bears long white spines grow from the warts, and blooms small pale pink flowers. 
[上・中1] 大阪市鶴見区「咲くやこの花館」にて、2003年12月13日撮影。
[中2] 同上にて、2005年12月07日撮影。
[中3・下] イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp