むしとりなでしこ (虫取り撫子)

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

Silene armeria

ヨーロッパ南部が原産です。わが国へは江戸時代に渡来しました。高さは30〜60センチほどになり、全体に白い粉を帯びたように見えます。5月から7月ごろ、茎の先の集散花序に、鮮やかなピンク色の花を咲かせます。名前は、花序のつく節の下から粘液を分泌していて、これに虫が付くことから。 
ナデシコ科マンテマ属の二年草で、学名は Silene armeria。英名は Catchfly。 
Catchfly (Silene armeria) belongs to the Caryophyllaceae (the Carnation family). It is a biennial herb that is native to southern Europe. This herb was introduced into Japan in Edo Era (about 250 years ago). It can reach 30-60 cm in height and covered with white bloom. The cymes are borne on the stem apices and bloom bright pink flowers from May to July. The stem which under cluster- bearing node excretes mucilage. 
[上・中1〜2] 茨城県神栖市矢田部にて、2008年06月02日撮影。
[中3・中4] 岐阜県八百津町久田見にて、2007年06月08日撮影。
[中5・中6] 岐阜県高山市国府町宇津江にて、2005年06月26日撮影。
[中7] 岐阜県中津川市蛭川にて、2007年06月07日撮影。
[中8〜中12] 千葉県香取市仁良にて、2016年05月20日撮影。
[中13〜15・下] 山形県小国町小玉川にて、2017年06月17日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp