レーマンニア・エラータ

Rehmannia elata

Rehmannia elata

Rehmannia elata

Rehmannia elata

Rehmannia elata

中国の中部、湖北省に分布しています。高さは1.5メートルほどになり、葉は倒卵状長楕円形から楕円形で、長い翼のある葉柄がつきます。5月から6月ごろ、花茎を伸ばして、赤紫色の「ジキタリス」のような花を咲かせます。中国名は「高地黄(Gao di huang)」です。 
ゴマノハグサ科ジオウ属の多年草で、学名は Rehmannia elata(syn. Rehmannia angulata)。英名は Chinese foxglove。 
Chinese foxglove (Rehmannia elata) belongs to the Scrophulariaceae (the Figwort family). It is a perennial herb that is distributed in the central part of China, Hubei Province. The height is about 1.5 m, the leaves are obovate-oblong to elliptic, with a long winged petiole. The flower stalks are stretched, and flowers like red purple "digitalis" bloom from May to June. The Chinese name is "Gao di huang". 
[上・中1〜2] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、2006年04月29日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中3・下] イギリス・リッチモンド・アポン・テムズ「キューガーデン」にて、2018年06月22日撮影。(photo by Jouette Travis) 

Shu Suehiro
shu@botanic.jp