だきばあれちはながさ
(抱き葉荒れ地花笠)
[Index] [Back]

Verbena incompta

Verbena incompta

Verbena incompta

Verbena incompta

南アメリカが原産です。湿り気のある場所や耕作地、道ばたなどに生え、高さは50〜150センチになります。茎や枝は直立し、はっきりとした4稜があります。葉は広線形から狭楕円形で、基部は切形をしています。6月から9月ごろ、枝先の集散状の穂状花序に青色から赤紫色の花を咲かせます。
クマツヅラ科クマツヅラ属の多年草で、学名は Verbena incompta。
英名は Purpletop verbena。
Purpletop verbena belongs to Verbenaceae (Verbena family). It is a perennial herb that is native to South America. This herb occurs in waste lands, cultivated areas or roadsides and can reach 50-150 cm in height. The stem and branches are erect and conspicuously quadrangular. The leaves are broad-linear to narrow-elliptic with subauriculate bases. The corymbose spikes are borne on the terminal branches and bloom blue to reddish purple flowers from June to September.
[上・中1・下] アメリカ・テキサス州「フォートワース植物園」にて、
2007年05月13日撮影。(photo by Jon Suehiro)
[中2] 同上にて、2006年10月08日撮影。(photo by Jon Suehiro)

Shu Suehiro
shu@botanic.jp