だいこんそう (大根草)

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

Geum japonicum

わが国の各地をはじめ、朝鮮半島や中国に分布しています。山野に生え、高さは50〜80センチになります。根生葉は奇数羽状複葉で、頂小葉は丸みがあり、茎葉は3裂します。6月から8月ごろ、黄色い花を咲かせます。果実は球形の集合果です。和名は、根生葉が「だいこん(大根)」の葉に似ていることから。
バラ科ダイコンソウ属の多年草で、学名は Geum japonicum。
英名はありません。
"Daikon-so" (Geum japonicum) belongs to the family Rosaceae (the Rose family). It is a perennial herb that is native to Japan, as well as the Korean Peninsula and China. This herb grows in mountains and fields and can reach 50-80 cm in height. The basal leaves are odd-pinnately compound with rounded terminal segments and the cauline leaves are trilobate. Yellow flowers bloom in June to August. The fruits are round aggregate.
[上・中1] 福島県北塩原村桧山「雄子沢川」にて、
2009年06月28日撮影。
[中2] 群馬県東吾妻町厚田にて、2008年07月26日撮影。
[中3] 大阪府東大阪市上石切町「くさか園地」にて、
2005年10月03日撮影。
[中4] 長野県筑北村坂井「修那羅森林公園」にて、
2006年08月01日撮影。
[中5〜7] 滋賀県米原市上野「伊吹山」にて、2005年07月25日撮影。
[中8] 同上にて、2006年07月27日撮影。
[中9] 奈良県御所市関屋「金剛山」にて、2006年09月05日撮影。
[中10・中11] 福島県昭和村「「駒止湿原」にて、
2012年08月26日撮影。
[中12・中13] 茨城県北茨城市「栄蔵室」にて、
2012年09月22日撮影。
[中14・下] 茨城県高萩市「土岳」にて、2012年11月10日撮影。

Shu Suehiro
shu@botanic.jp